blog/igi.jp

legal thinking in a divided/connected world
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月29日 第5回CCJPセミナー開催 | main | ブルドック事件最高裁決定で一番気になるWord(2) >>

ブルドック事件最高裁決定で一番気になるWord

ブルドック事件最高裁決定で一番気になるWordは「最終的には」です。

なお、このエントリーは、hibiya_attorneyさんがなかなかエントリーをあげないので、催促のトラックバックを送ることを主要目的としています(笑)。

【追記】
なんとこのエントリーを書いて数分でhibiya_attorneyさんからレスポンスがあり(早っ!)、帰国が近づいているため、通常の業務に加えて、連日の飲み会やアメフト観戦などで忙しく(笑)、なかなかエントリーをあげられないようです。

最高裁のサイトにUPされているPDFで気になるのは、なぜか(平等原則の点についての)規範の部分には下線がなく、あてはめ部分から下線が引かれているところです。これは法律家としては違和感があるのですが、Webで公開されているので、「想定読者」は一部の専門家等ではなく「国民」だからということなのかなと想像しています。

ブルドック事件最高裁決定
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070807163246.pdf
なお、HTML版とtxt版(裁判所判例watch)
http://kanz.jp/hanrei/data/html/200708/20070807163246.html
http://kanz.jp/hanrei/data/text/200708/20070807163246.txt




M&A | permalink | - | trackbacks(1) | - | -
この記事のトラックバックURL
http://blog.igi.jp/trackback/650066
この記事に対するトラックバック
ブルドックの許可抗告事件の最高裁決定が出たみたいですね。 平成19年8月7日最高裁第二小法廷決定 平成19(許)30株主総会決議禁止等仮処分命令申立て却下決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件 一応ちゃんと目を通していたのですが、飲み会やらアメフトとか
ブルドック最高裁決定 | Attorney@Penn Law | 2007/08/10 4:01 PM